AppleCare

board

各社のケータイ補償詳細

AppleCare+

applecare

AppleCare+は、アップル社が提供する補償サービスであり、製品保証からソフトウェアのサポートまでワンストップで担当してくれます。

通信キャリアが独自に提供するケータイ補償サービスと違い、端末の製造元であるアップルが提供する独自の保証プランです。

AppleCare+に加入すると、通常1年の保証期間が2年まで延長されるので長く端末を利用したい人におすすめです。

また、90日間の無料電話サポートも2年間に延長され、アップルのスペシャリストが操作方法や端末トラブルを長期間サポートしてくれるのであらゆる問題をすぐに解決可能です。

AppleCareとAppleCare+の違い

アップル提供する保証サービスは、「AppleCare」と「AppleCare+」の2種類がありどちらも2年の保証期間、テクニカルサポート、ソフトウェアサポートが得られる点では同じです。

両者の違いは保証内容となっており、「AppleCare+」の場合は画面損傷で3,400円、その他の損傷なら11,800円で最大2回まで修理してもらえます。

「AppleCare+」に加入していない場合、本体修理費用なら4万円以上の料金が発生する(iPhone6s Plus)ため、万が一の場合も安心です。

ただし、iPhoneやiPadなどのモバイル端末の場合は、必然的にAppleCare+への加入となっているようです

AppleCare+の必要性

iPhoneやiPadは、ボタンや動作の不具合など自然故障の場合は通常1年以内であれば無償で修理・交換してもらえます。

これをAppleCare+に加入すれば保証期間2年に延長され、損傷や水濡れで壊れてしまった場合も2年間の間なら上限金額の負担のみで修理・交換してもらえます

ただし、あくまで保険的な意味合いのためiPhoneを落としたり壊わしたりすることがないのでれば加入しないに越したことはありません。

未加入であれば2年間のAppleCare+代15,984円を節約することができます(iPhone7の場合)。

また、AppleCare+の他にも、ケータイ会社独自の補償プランが提供されているので、契約するキャリアの保証サービスをチェックすることをおすすめします。

通信キャリ系のケータイ補償はAppleCare+では保証対象外となる盗難・紛失にも対応していたり、修理負担額が安かったりする場合があります。

AppleCare+の詳細

iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plusの場合

保証内容 iPhone本体・付属品の保証期間が2年に延長
ソフトウェアの無償電話サポートが2年に延長
ディスプレイは破損時3,400円、その他の破損・水漏れは11,800円で最大2回まで修理可能
月額料金 初回:1,000円、2回~24回:600円
※Apple Storeは一括払いのみ(14,800円)

AppleCareの口コミ・体験談

PMO(男性)

故障して困ったとき、コールセンターに連絡したのですが、1つ1つ順番に説明してくれ、とても丁寧に対応してもらえました。

コリンコ(女性)

バッテリーの消耗が気になるのでバッテリーの補償サービスがあるapplecare+ を選んでます。

ドングリ(女性)

保障料もそんなに高くないので入ってたほうが安心だと思います。ただ通信キャリア系の保証サービスのほうが充実はしています。

page_top

Copyright ケータイ補償サービス徹底比較※おすすめ保証をランキングで大公開 All Rights Reserved