docomo

board

各社のケータイ補償詳細

docomo

docomo

docomoでは、「ケータイ補償サービス」という名称で携帯電話やスマホ端末の故障や紛失をサポートしています。

単体で加入することも可能ですが、他のサービスとセットになった「あんしんパック」で加入する人が多いようです。

ケータイ補償サービスは、水濡れや紛失、全損など端末に関するトラブル全般を補償してくれます。

交換電話機を届けてくれたり、修理代金をサポートしてくれたりするので、液晶画面のひび割れなどトラブルが多いスマホユーザーはぜひ加入しておきたいサービスです。

料金プランは所有している機種によって異なってきますが、2014年冬モデル以降のスマートフォン及びタブレットなら「ケータイ補償サービス」単体で月額500円、「あんしんパック」なら月額720円となっています。

あんしんパックの構成

  サービス単体料金 iPhone & iPad Android
あんしんネットセキュリティ 200円/月 970円/月 720円/月
あんしん遠隔サポート 400円/月
ケータイ補償サービス 500円/月
750円/月(iPhone&iPad)

ケータイ補償サービスの詳しい内容

【①交換電話機のお届け】

端末の水濡れ・全損・紛失・盗難・破損・故障などで使用が困難になった場合、お申込後2日以内にリフレッシュ状態の交換電話機を直接届けてくれます。

2014年冬モデル以降のスマホ・タブレット利用している月額料金500円の契約者は、一律7500円の負担で1年に2回までサービスを利用することが可能です。

いっぽう、上記以外で月額380円の契約者は、1回目5,000円、2回目8,000円の負担で1年に2回までサービスを利用できます

ただし、キズ・汚れ・塗装の剥離といった軽微な損害や、天災によるトラブル、故意による破損、改造などはサービス対象外になるので注意しましょう。

【②修理代金のサポート】

使用するガラケーやスマホが故障した場合、docomoで修理する際に発生する費用をサポートしてもらえます。

月額料金500円の契約者なら修理可能期間までなら上限5,000円または無料で修理してもらえます。

いっぽう、月額料金380円の契約者は3年間上限5,000円まで無料でしてもらうことが可能です。

【③ケータイデータ復旧代金の割引】

ドコモでは水没や故障によりデータが取り出せなくなった場合に、端末から電話帳などのデータを抽出してもらうことが可能です。

データ復旧には通常8,000円の費用が発生しますが、ケータイ補償サービスに加入しておけば、1,000円(500円契約者)または2,000円(380円契約者)で利用可能です。

iPhone/iPadの場合は料金および内容にご注意

docomoでiPhoneまたはiPadユーザーがケータイ補償を利用する場合はAndoridのスマホと違って料金やサービス内容が異なってきます。

「ケータイ補償サービスfor iPhone & iPad」または「AppleCare+」から2種類から補償サービスを選ぶこととなります。

「ケータイ補償サービスfor iPhone & iPad」を利用する場合、iPhone7やiPhone6sは、月額料金が750円なうえ、交換電話機の料金が11,000円と他の端末に比べて割高になっています。

iPhoneの場合

対象機種 月額料金 サービス利用料金 補償範囲
iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus 750円 11,000円※1年間に2回まで 水濡れ・全損・紛失・盗難・破損・故障・ご購入から1年を超えた自然故障
iPhone SE、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 5s 600円 7,500円※1年間に2回まで
iPhone 5c 500円 7,500円※1年間に2回まで

dカード利用者ならよりオトク

AppleCare+や「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」に加入していたとしても、iPhoneがトラブルに遭った際は安いとは言っても修理費用が発生してしまいます。

しかし、docomoクレジットカードDCMXに新たにdポイント機能が付いた「dカード」ゴールドに加入すれば、年会費10,000円のみで修理代金は基本的に負担しなくて済みます。

dカードケータイ補償が付帯されており、dカードGOLDの利用者は端末購入から3年間は補償されます。

ただし、全損・紛失・水濡れなど原則的に修理不能で端末の交換が必要な場合に限られるため、故障については補償されないので注意が必要です。

また、電話料金をdカードGOLDで支払えば、月額利用料金10,000円の場合は10%がポイントとして付与され毎月1000ポイント貯めることができます。

2年間に換算すると合計24,000ポイントとなり年会費と差し引いても4,000ポイントもおトクになる計算です。

iPhone 6sの場合

  docomo dカードGOLD AppleCare+
利用料金(2年) 18,000円 20,000円(年会費) 14,800円
補償額 1回目:11,000円
2回目:7,500円
最大100,000円 画面:3,400円
その他:11,800円
補償期間 加入中 3年間 2年間
対象 水漏れ・全損・盗難・破損・故障・自然故障 盗難・紛失・全損・水漏れ(修理不能) 故障・損傷

docomoの口コミ・体験談

かじお(男性)

docomoの補償なら日常で起こり得る故障に対応してたし、何かあったらショップで解決できるところが魅力です。

鉄人38歳(男性)

最近は端末代も高くしかも割賦による購入のためケータイ補償サービスに加入しました。でも2年たてば端末代金の支払いも終わるし、次の機種が欲しくなると思うので頃合いを見て解約する予定です。最初の2年は加入しておいても損はないかなという感じです。

ヤズオ(男性)

何かあった時近くに店舗があるので補償はdocomoで入ることにしました。

さっわ(男性)

交換機種は完全な新品では、ないものの細部までリフレッシュされてる状態なので壊れた時は安心です。オンラインでもすぐに届けてくれるし自分は加入して良かったと思っています。

マルオ(男性)

月々の補償料金がAppleCareより少し高いので年間総額で考えると結構な負担です。でも、紛失や盗難の補償が付いてるし、1年で2回まで補償が受けれるのでもしもを考えるといいのかもしれないとは思います。

まおじ(男性)

ドコモの補償は一年以上たった自然故障にも対応になるので補償範囲は広い方だと思います。月の補償額も特に高いとは思いませんでした。

ドングリ(女性)

保障料もそんなに高くないので入ってたほうが安心だと思います。今までずっとドコモを使っていて感じるのはドコモの保障面は充実してるので、iPhoneの保障もドコモのほうが安心できます。

ランブー(男性)

ドコモは故障したときにすぐに連絡ができるサービスセンターがあります。以前アイフォンが水濡れしたときにサービスセンターに連絡したらすぐに対応してもらえとても助かりました。

page_top

Copyright ケータイ補償サービス徹底比較※おすすめ保証をランキングで大公開 All Rights Reserved